新着情報

post-covid19 通信 No.3

2020.04.24

post-covid19 通信 No.3

 

 

 

「一度出してしまったものは引っ込めるのは難しい」

 

 

そんなことわざは、なかったかもしれませんが、緊急事態宣言は出すことより、解除の方がはるかに難しいでしょう。

 

 

解除する理由に、何らかのエビデンスがなければ、あらゆる方向からクレームが上がり、非難の荒らしが発生します。特に医学界から猛反発が予想されます。

 

 

そういうわけで、しばらく解除は厳しいような気がします。長期戦の可能性に備えましょう。

 

 

Prevention is better than cure.

治療よりも予防が大切。

=備えあれば憂いなし。

 

 

 

 

 

 

さて、みなさん、ちゃんと朝、起きていますか?今日は何曜日か分かりますか?

先ずは、起きる理由を作りましょう。

 

 

港北区にお住まいのM.S.君から次のようなアドバイスをいただきました。

 

 

寝る前に次の日の予定をノートに書き出し、スケジュールを決めると良いそうです。私も彼のこのアイデアに賛成です。

 

 

以下、ご参考までに

 

 

◯月◯日のスケジュール

1) 〜時 起床/ラジオ体操/朝食

2) 〜時 オンライン授業など

3) 〜時 お昼ご飯

4) 〜時 散歩/宿題など

5) 〜時 おやつ/カップラーメン

6)〜時 英語/ 数学/夕食など

7) 〜時 ゲーム/読書/就寝

 

 

 

 

 

 

さて、前回から極悪covid19によって引き起こされたプラスの側面を考察しております。

 

 

今回は「環境の改善」を考えていきましょう。

 

 

Business Insiderから、ロサンゼルスの空がきれいになったという旨の報告がありました。PM2.5が何と40%も減少したそうです。

 

 

ロサンゼルスといえば大気汚染で有名な都市です。飛行機の運航減少と自動車の交通量減少がその要因のようです。

 

 

ロサンゼルスの極悪環境が極悪ウイルスによって改善されたのは皮肉なように思えます。

 

 

 

 

東京の夜空に、多くの星が見える日が来るかもしれませんね。失われた美しさを取り戻せるかもしれません。

 

 

 

私自身は、かなり長いあいだ東京に住んでいましたが、海と自然を求めてここ最近はずっと湘南に住んでおります。今、富士山が以前より綺麗に見えるような気がします。

 

 

近所に、湘南Bellmareというサッカーチームがあります。ラテン語で「美しい海」という意味です。

 

 

 

 

 

 

さて、環境問題といえば、海洋生物学者のレイチェル・カーソンさんです。彼女の次の言葉を読んでみましょう。

 

 

Man is a part of nature, and his war against nature is inevitably a war against himself.

By Rachel Carson

 

 

「人間は自然の一部である。だから自然に対する人間の戦争は、必然的に人間に対する戦争になる。」レイチェル・カーソン

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち自身も地球の生態系の一部であることが、今回のパンデミックで痛いほどよく分かります。

 

 

1960年代にジェームズ・ラブロックという人によって「ガイア理論」という概念が提唱されました。

 

 

地球と生物はともに関係し合い環境を作っています。さらに、地球それ自体が、自己調整能力をもっている一つの「巨大な生命体」であり、「生きている」という考えです。

 

 

ラブロックについては、またいつか考察するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、レイチェル・カーソンといえば『沈黙の春』が有名ですが、今回は彼女のもう一つの小さく素敵な本をご紹介いたします。タイトルは

‘The Sense of Wonder’です。

 

 

自然の美しい写真が満載です。詩のように美しい文章と写真のコラボ。日本語にも翻訳されています。日本語タイトルは『センス・オブ・ワンダー』(新潮社、上遠恵子訳)です。

 

 

‘The Sense of Wonder’を読むと、私はいつもなぜか、’ Gift From The Sea’ by Anne  Morrow Lindbergh (あの飛行家チャールズ・リンドバーグの奥さんのエッセイ集) というもう一つの素晴らしい作品を思い出します。ともに女性特有の優しいそのトーンがなんとなく同じ感じなのです。

 

 

こちらも日本語訳で読むことができます。タイトルは『海からの贈り物』(新潮文庫)。翻訳者はなんとイギリス文学者で翻訳家の吉田健一( もちろん吉田茂の息子)です。お勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

2020年、あまりにも便利になりすぎてしまった時代に生きている私たちは今、自然に対して耳を傾ける時なのかもしれません。何か大切なメッセージが聞こえてくるかもしれませんね。

 

 

どなたか、もし自然からのメッセージを受け取ったら、またはUFOを目撃したら、すぐにご連絡ください。

 

 

最後にレイチェル・カーソンの『沈黙の春』からの一節。

 

 

「私たち人間が、この地上の世界と和解するとき、狂気から覚めた健全な精神が光り出すだろう」

今から約60年前の彼女の言葉です。

 

 

 

 

 

 

Stay home, and stay cool.

       竜崎克巳

 

 

 

 

  

 


post-covid19通信 No.2

2020.04.20

post-covid19 通信 No.2

 

 

 

以前からお話している通り、

5/7以降も学校休校が続くことは、ほぼ確実ですね。

 

 

私たちは何があっても驚かないメンタルを鍛えましょう。

 

 

 

なお、本当に危機的状況のときには、以下の2つが鉄則です。

 

 

1) 基本的習慣を変えない。

2) クレジットカード決済にしない。(本当に困窮した場合に1ヶ月後に追い打ちをかけられるリスクを回避します)

 

 

今は考えられるリスクを回避します。

 

 

とにかく規則正しい生活習慣をお願い致します。習慣は第二の天性と言われています。今、私たちが守るべきは私たちの冷静な心です。心を守るために習慣が必要なのです。

 

 

家では、毎日、同じ時間に起床、同じ時間に机に座り、晴れた日には散歩をしましょう。ゲームばかりやっている人は、「茹でガエル」にならないように気をつけてください。

 

 

 

 

 

さて今回は、covid19によって生じたプラスの側面を探してみましょう。

 

 

 

マイナス面を数え上げることは、誰にでもできそうなので、私たちまで真似をする必要はありません。私たちは何があってもcoolでいきましょう。

Stay cool!

 

 

 

 

 

 

Every cloud has a silver lining.

(どんな物事にもプラスの側面がある。

 

 

covid19によって生じたプラスの側面(過去のパンデミックも含む)を考えていこう。

 

 

1) 環境の改善

2) 医療の進歩

3) 文学の誕生

4) 苦難から学ぶ人間の力の増加

5) 好きなことに集中する時間の増加

6) 自分にとって本当に大切なものへの気付き

7) 政治や人間の本質が現れること(思いやりの気持ちの発現など/同時にマイナス面も現れますが)

8)情報は多さではなく質であることへの気付き

 

 

 

 

まだまだあると思います。私は想像力が欠如しているので中々思いつきません。皆さんも思いついたら是非教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、なぜcovid19によって「環境が改善」されたのかなど少し細かく眺めたいと思いますが、今回は2)の「医療の進歩」について、詳細ではなく、ちょっとだけ触れてみます。

 

 

現在も昼夜を問わず医療従事者の方々が努力を重ねております。私たちとしては感謝の気持ちしかありません。ありがとうございます。

 

 

同時に、過去に医学部に進学した卒業生達が個人的にはとても心配です。神に祈る気持ちしかありません。その神の名はもちろんアスクレピオスです。

 

 

 

 

私が最も好きなギリシャ神話の神は誰かと問われたら即座にアスクレピオスの名を挙げるでしょう。

 

 

アスクレピオスの名前を聞いたことがない人も多いと思います。しかしながら、この偉大な神の杖をいつも目にしているはずです。

 

 

テレビなどでよく写っているWHO(世界保健機関)の紋章。そこにある蛇が絡まった杖。あれはアスクレピオスの杖なのです。

 

 

こんなところにもギリシャ神話が今も生きています。アスクレピオスは医学の象徴的存在なのです。

 

 

 

 

 

 

Stay home, and stay cool.

        竜崎克巳

 

 

 

 

  

 


受付の再開は5/7

2020.04.17

受付の再開は、5/7(木)を予定しております。

よろしくお願いいたします。


post-covid19通信 No.1

2020.04.15

post-covid19 通信 No.1

 

 

この「通信」は、当教室にて英語・ラテン語・古典ギリシャ語を学習されている方に送信されています。

※ラテン語・古典ギリシャ語の講座は、2月末から閉講しております。

 

 

 

 

 

 

今までにも、covid19に関連する事柄を「お知らせ」として多々書いてきましたが、3月初頭から申し上げているようにこの戦いは長期戦になります。

 

 

このパンデミックの収束宣言が出るまでには最低でも2年ほどかかるのではないかと案じています。

 

 

そういうわけで今後は、「お知らせ」ではなく「post-covid19通信 No. 〜」としてNo.を振っておくことにいたします。

 

 

※post-は「〜後の」意味を付加する接頭辞です。

参考) postwar(戦後の)

 

 

まだ英字新聞の中では

post- covid19という単語を見かけませんが、あと数年の内に頻繁に使われるようになるような気がします。この単語は「新型コロナ後の世界」くらいの意味です。

 

 

「covid19の前の世界」と、「その後の世界」は全く別物になるからです。歴史の教科書にも登場し、「2019年」という年号を暗記しなければ入試に合格できない時代がやってきます!

 

 

そして未来の子供たちは、この年号を「20世記(20)は、いい国(19)だったね」と暗記することになるでしょう?!

 

 

それほどに今回のこの怪物は大物なのです。しかしながら、私たちはリスクを最大限に回避しながら不安を力に変えていきましょう。

晴れた日には散歩をしよう。

 

 

※covid19という単語はcoronavirus disease 2019から作られています。

 

 

 

 

 

 

 

次回は、covid19によって生じたプラスの側面を探してみましょう。

 

 

Every cloud has a silver lining.

(どんな物事にもプラスの側面がある。)

 

 

 

 

Stay home, and stay cool!

        竜崎克巳

 

 

  

 


お知らせ(会員限定)

2020.04.13

お知らせ(covid19特別措置他)

 

 

 

◯現在、当教室では「covid19特別措置」として、経済的に打撃を受けられた家庭において会費の半額措置を実施しています。自己申告制になりますので、必要な方は無理をせずメールにてお伝えください。経済状況などの詳細はお尋ねいたしません。現会員限定で2020年12月分まで有効とします。予めご了承ください。

 

 

※今回からcovid19という名称を使わせていただいております。コロナビールという大好きなビールがあるのですが、この騒動で生産中止になりました。早く普通に飲めるようになりたいです。ちなみに「コロナ」はラテン語でcorona

「冠」という意味です。

 

 

◯現在、教室にて「洗って使えるマスク」を1人一枚程度配布しております。まだもらっていない方はお声をかけてください。今後、各家庭に通算で2枚程度は配布できる予定です。

 

 

◯covid19

もちろん、その人に何らかの落ち度があったのかもしれませんが、この病気にかかった人をまるで犯罪者のように責め立てる異常な社会になっていること、自分と同じ意見でない人に罵詈雑言を浴びせるような狂気の世界が現れつつあることに多くの人が気付いてくれることを願っています。

歴史を通じて、伝染病の罹患者が社会から手のひらを返したように受けてきたのが差別でした。差別はなくしていきましょう。

「社会」という言葉の語源はラテン語のsocius、「仲間」という意味です。

 

 

Stay home, and stay cool!

意味は「家にいよう、そして冷静に(いつもみたいにかっこよくね)」。

          竜崎克巳