Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年6月 (2)
  • 2024年4月 (1)
  • 2024年3月 (3)
  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    英文法の使い方 No.2

    2020.05.07

    英文法の使い方 No.2

     

     

     

    今回は、S V O について眺めてみましょう。

     

     

    S = subject 主語(〜は)

    V = verb 動詞(〜する)

    O = object 目的語(〜を)

     

     

    先ずは基本をチェックです。

     

     

    I like cats.

    (私は猫が好きです。)

     

     

    I like dogs.

    (私は犬が好きです。)

     

     

    ここで大切なのは like の後には、複数形の名詞が来るということです。

     

     

    英作文などで以外に、

    *I like a dog.

    としてしまう人が多いです。

     

     

    この文は文脈によっては使わないわけではないですが、基本的に不自然ですので、やめておきましょう。

     

     

     

     

    もちろん、数えられない名詞(不可算名詞 uncountable)の場合には、複数を表す-sは付けません。

    可算名詞はcountableと言います。

     

     

    辞書で名詞を調べる場合には、

    C = countable 可算名詞

    U = uncountable不可算名詞

    をチェックしましょう。

     

     

    I like coffee.

    (私はコーヒーが好きです。)

     

     

    I like red wine.

    (私は赤ワインが好きです。)

     

     

     

     

    動詞をwant(〜を欲する)にしてみましょう。

     

     

    I want a bag.

    (私はバッグが欲しい。)

     

     

    a bagのように名詞bagに、冠詞aをつけます。これを付加することで「1つ」であることを示すと同時に、名詞に立体的な感じを与えます。

     

     

    もちろん「バッグが2つ」欲しければ、名詞を複数形にします。

     

     

    I want two bags.

     

     

     

     

    ▽レベルアップ

    次に目的語を準動詞(不定詞と動名詞)にしてみましょう。

     

     

    「私は泳ぐのが好きです。」と言いたい場合には、次の2つの表現があります。

    I like to swim. (不定詞)

    I like swimming. (動名詞)

     

     

    上記の英語の意味の違いは、特になく、同じと考えましょう。

     

     

    「私は泳ぎたい。」と言いたい場合には、

    I want to swim. と言います。

    *I want swimming. とは、言いません。

     

     

    同様に

    「私は泳ぐのを楽しんだ。」という表現は、

    I enjoyed swimming. であり、

    *I enjoyed to swim. は不可です。

     

     

    ◯まとめ

    like(〜が好き)、start;begin(〜を始める)の3つの動詞は、目的語に準動詞を入れる場合には不定詞(to 〜)も動名詞(〜ing)も取ります。

    I started to study.

    I started studying.

     

     

    want; hope; wish (〜を欲する), decide(〜を決心する)の後ろに準動詞を入れる場合には、目的語として不定詞のみがきます。

    I hope to see you again.

     

     

     

     

    enjoy(〜を楽しむ), finish(〜を終える), stop(〜をやめる)の後ろに準動詞を入れたい場合には、目的語として動名詞がきます。

    I finished doing my homework.

     

     

     

     

     

     

    ▽レベルアップ

    不定詞は、未来的で不確実性を表します。

     

     

    動名詞は、過去的で現実感を表します。

     

     

    記憶系の動詞remember(〜を覚えている)とforget(〜を忘れる)という動詞を眺めてみましょう。

     

     

    未来的(to〜)

    I remember to see her. とすると「私は彼女に会うことを覚えている。」となります。

     

     

    過去的(〜ing)

    I remember seeing her. にすると「私は彼女に会ったことを覚えている。」となります。

     

     

    ▽レベルアップ

    準動詞として目的語に動名詞だけをとる動詞を呪文のように、まとめて記憶しよう。

     

     

    呪文=メガフェプスmegafeps

     

     

    megafepsを縦書きにします。

     

     

    m

    e

    g

    a

    f

    e

    p

    s

     

     

    次に動詞を当てます。

    mind 〜を気にする

    enjoy 〜を楽しむ

    give up 〜やめる

    avoid 〜を避ける

    finish 〜を終える

    escape 〜を免れる

    stop 〜をやめる

     

     

    わりと簡単に記憶できます。

    I can’t avoid laughing.

     

     

     

     

    ▽レベルアップ

    未来的(不確実的)な不定詞と過去的(現実的)な動名詞の違いをもう少し演習をしながら眺めてみましょう。

     

     

    演習

    1I plan ( to meet / meeting ) him.

    私は彼に会う予定だ。

     

     

    2 I didn’t mean ( to hurt / hurting ) you.

    君を傷つけるつもりじゃなかった。

     

     

    3 Would you mind ( to open / opening ) the
    window? No, not at all.

    窓を開けていただけませんか?

    はい、いいですよ。

     

     

    4 I regret not ( to go / going ) to school.

    学校に行かなかったことを後悔している。

     

     

    解答

    1 to meet

    2 to hurt (意図=未来的)

    3 opening (現実感を表現)

    4 going

     

     

     

     

    ▽レベルアップ

    紛らわしい場合

     

     

    演習を行いながら整理していきましょう。

     

     

    演習

    1 I tried ( to call / calling ) her, but I
    couldn’t find my cellphone.

    彼女に電話しようとしたんだけど、携帯電話が見つからなかった。

     

     

    2 I tried ( to call / calling ) her, but I
    got the answering machine.

    彼女に電話してみたけど、留守電だったよ。

     

     

    3 I consider ( to go / going ) abroad.

    外国に行こうかと考えている。

     

     

    4 This cat wants ( to repair / repairing).

    この車は、修理が必要だ。

     

     

    5 I pretended ( to go / going ) to sleep.

    眠りにつくふりをした。

     

     

    6 He ( refuses / rejects ) to give up hope.

    彼は望みをあきらめたりしない。

     

     

    解答

    1 to call

    2 calling

    3 going

    4 repairing

    5 to go

    6 refuses

     

     

    解説

    1と2は、rememberとforgetで考察した考えを当てはめます。

     

     

    不定詞は、未来的で不確実性を表します。

    動名詞は、過去的で現実感を表します。

    try to 〜 は、「しようとして(できなかった)」を表します。

    try 〜ing は、「やってみた」を表現します。

     

     

    3 現実的な動きのあるイメージを思い描く動詞であるconsiderとimagine は、目的語に動名詞を取ります。

     

     

    4 基礎知識として、wantの後ろは不定詞が来る、と記憶していると思います。しかしながら、(〜される必要がある)の意味の場合には、動名詞が来ます。needも同様です。

    My cat needs washing.

    私の車は洗う必要がある。

     

     

    5 意図(未来的)を感じ取れるグループの

    expect, pretend, mean, intend, plan,
    promise, decide, determine

    は、目的語に不定詞が来ます。

     

     

    6 動詞には、同じような意味でも意味に強弱がある場合があります。

    refuse(やわらかめ)/ reject(きつめ)

     

     

    不定詞は、未来的で不確実性と相性が良いのでrefuse to〜は、okですが、rejectの後ろは普通の名詞が来ます。

    I reject the government’s offer.

     

     

     

     

    以上、ありがとうございます。