Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年6月 (2)
  • 2024年4月 (1)
  • 2024年3月 (3)
  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    勿忘草<ドイツ語

    2021.11.11

    勿忘草(わすれなぐさ)<ドイツ語

     

     

    勿忘草(わすれなぐさ)という花がある。「勿忘」は「忘るること勿(なか)れ」ということで、「私のことを忘れないでね」というドイツ語Vergissmeinnichtを日本語の漢文風に訳したものである。

     

     

    おそらく明治時代にドイツ語ができて文学的素養のある人物、森鴎外のような人が日本語に訳したのであろう。

     

     

    英語で「勿忘草」はforget-me-notという。

    Vergiss (forget) – mein (me)- nicht (not)

    → forget-me-not(私を忘れないでね)

     

     

    この可憐な青い花を「勿忘草(わすれな草)」と呼ぶに至った物語がドイツにある。ドイツ語の復習も兼ねてそのドイツの物語をドイツ語で読んでみよう。

     

     

    Rudolf, ein Ritter im mittelalterlichen
    Deutschland, liebte ein hübsches Mädchen. Das Mädchen hieß Bertha.

    ロドルフ(中世の騎士であった)は、ひとりの可愛い少女を愛していました。その少女はベルタという名前でした。

     

     

    Einmal machten Rudolf und Berta an der
    Donau entlang einen Spaziergang.  Da fand
    Berta am steilen Ufer eine hübsche, blaue Blume. Sie wollte die Blume gern
    haben.

    ある時、ルドルフとベルタはドナウ河に沿って散歩をしていました。そのとき、ベルタは急な岸壁のところに一輪の可憐な青い花を見つけたのでした。彼女はその花をとても欲しがりました。

     

     

    Rudolf ging hinunter und griff nach der
    Blume. Aber er rutschte aus und stürzte in den Fluss. Weil die Strömung sehr
    stark war, konnte er nicht mehr ans Ufer zurückschwimmen.

    ルドルフは岸壁を降りて行き、その花に手を伸ばしました。しかし、彼は足を滑らせてしまい、川へて転落してしまいました。川の流れは激しかったので、彼は岸に泳ぎ戻ることができませんでした。

     

     

    Er warf Bertha die Blume zu und rief :
    „Vergiss mein nicht!“…  Die Strömung riss
    ihn mit.

    Seitdem nennt man diese Blume
    Vergissmeinnicht.

    彼はその花をベルタに向かって投げ、叫びました。「僕のことを忘れないで!」…. 川の流れは彼を飲み込んでいきました。

    それ以来、人々はその花を「勿忘草」と呼ぶようになったのです。

     

    参考:『メモ式ドイツ語早わかり』在間進著、三修社