Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    進化する英語?

    2014.08.22

    「人生はあまりに短く、私たちは悠久の歴史のごくわずかしか捉えられないから、言語は辞書のように確立されたものであり、御影石のように永久不変だと考えてしまう。じつは言語とは、休みなく変化し続ける比喩の海なのだ。」- ジュリアン・ジェインズ『神々の沈黙 - 意識の誕生と文明の興亡』より

     

    海外旅行へ行ったことのある人ならNRT airportと言えば、NRTがNaritaを表すことは説明するまでもないであろう(母音省略)。また、WHOがWorld Health Organizationを表していることや、ASAP(特に軍隊の人は「エイ・サップ」と発音している)がas soon as possibleの略であることも人口に膾炙している(頭字語)。

     

    昨今のメールでは、アラビア語やヘブライ語のように母音を表さない表記や頭字語などが流行している。さらに一見すると意味不明な暗号に見えるものまで種々様々である。

     

    次の表記を通常の英語に解読していこう。

    参考)What did u do 2day ? = What did you do today?

     

    1 ur
    2 msg
    3 thx

    4 txtng

    5 OMG

    6 LOL

    7 IMO

    8 GTG

    9 HBU

    10 TIA

    11 NP
    12 CMB
    13 u2

    14 b4

    15 4 et
    16 i1 2cu
    17 2bctnd
    18 cu2nite

    19 do u 1 me 2 pick u up

    20 DBAA(アメリカのドラマ’Breaking Bad’より)

     

     

    解答
    1 your 2 message 3 thanks 4 texting 5 Oh, my God! 6 laugh out loud 7 in my opinion 8 gotta go (got to go) 9 How about you ? 10 Thanks in advance. 11 No problem. 12 Call me back. 13 You too 14 before 15 forget 16 I want to see you. 17 to be continued 18 See you tonight. 19 Do you want me to pick you up ? 20 Don’t be an asshole!