Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    <音楽と言語(その2)>ジョニー・ウィンター

    2014.12.22

    2014.5.31の続き

    「音楽と言語(その2)」ジョニー・ウィンター

    そのような神々は時に人間の形で現れてくる場合がある。その一人であるジョニー・ウィンターが今年亡くなった、というより神の座に戻って行った。

     

    今からもう25年以上前、ジョニー・ウィンター初来日の噂は私たちの周りに春の嵐のように広がっていった。ファイヤーバードで弾くのか?それともスタインバーガーか?もうすぐ本物のジョニーを目にできる。ところが、トラブルがあった。ジョニー・ウィンター来日中止。なんと!

     

    その時から25年以上が経って、来日決定。とうとう今年、六本木のライブハウスでジョニー・ウィンターを目にすることができた。齢70歳。一曲目はジョニー・B・グッドだった!そんなにがんばらなくても良いのに。ほとんど目が見えていないし、腰も悪そうで、ずっと座って弾いていた。もっとゆっくりしたスローブルースをやれば良いのに。

     

    若い頃、インタヴューを受けたジョニーは語っていた。「ドラッグなんてやらないよ。ぼーっとするのは、じいさんになってからさ、いくらでもできるだろ。生きてるうちは動いてなきゃね!」

     

    アンコールでジョニーはファイヤーバードを抱えてバックステージから戻ってきた。大きな拍手が上がった。ギターが少し大きく見えた。
    六本木でのライブの数ヶ月後、ジョニーはこの世を後にした。

     

    Cheap tequila アルバムStill alive and wellより

     

    Cheap perfume, sweet perfume

    The lonely smell that fills the room

    Roses in your low rent tomb

    A picture made of cheap perfume

    Sad old rag, sad young hag

    Clothes that hide the early sag

    Sequins on a lame bag

    The sparkle of a sad old rag

    Drink up and be happy

    Live just for today
    Drown in cheap tequila

    And flush yourself away
    Flush yourself away

    Worn out dreams, washed up schemes

    Blueprint for a death machine

    Scarred wrist on a movie queen

    Picture of a worn out dream