Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    < 英単語の作り方 >4(英単語形成のプロセス)

    2013.10.02

    [接頭辞+基本語+接尾辞]

    ここでは基本的な英単語の作り方のプロセスをながめていこう。英単語の形成では、その過程が鍵となるので順序に焦点をしぼろう。

     

    A) unbelievableの作り方

    1) believe        基本語

     2) believe+able  基本語+接尾辞

     動詞に-ableという接尾辞を付加することで、「~できる」の意味の形容詞が作られる。この段階でbelievable(信じられる)が基本語となる。

     3) un+believable  接頭辞+基本語

     kind(親切な)/unkind(不親切な)のように、接頭辞un-は形容詞に取り付け、元の語の品詞を変えず、否定の意味にする働きがある。

    un+形容詞で、unbelievable(信じられない)という英単語ができあがる。

     注意) 接頭辞un-を動詞に取り付けると、別の機能を発揮する。たとえばtie(結ぶ)/untie(ほどく)のように、この場合のunは、元になる動詞の基本動作の逆の動作を表す働きがある。

     

     

    B) unknownの作り方

    1) know   基本語

     2) known  基本語を過去分詞に

     knowを過去分詞にする。過去分詞は形容詞であるという認識が必要。この段階で、known(知られている)が基本語になる。

     3) un+known  接頭辞+基本語

    un+形容詞で、unknown(知られていない)という英単語が形成される。

     

     次の2つの英単語を比較してみよう。

     C) unavoidableの作り方

    1) avoid        避ける

    2) avoidable    避けられる

    3) unavoidable  不可避の

     

    D) inevitableの作り方

    1) *evit       避ける

    2) evitable      避けられる

    3) inevitable    不可避の(inも否定を表す接頭辞)

     

    unavoidableとinevitableの語形成の過程は同じであるが、素材が異なっている。

    まずevitは英単語としては存在しない。フランス語ではeviter(避ける)、ラテン語ではevito(避ける)という単語がそれぞれ存在する。英単語形成において、このevitのような単語要素は語根と呼ばれている。このような語根は、主にラテン語やギリシャ語が多く、英語やフランス語の学習において、この2つの古典語の知識が有益となる理由の一部がここにある。