Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年3月 (3)
  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    高校教科書から(デビット・ヒュームとリチャード・ドーキンス)

    2015.09.14

    高校教科書crown3に、リチャード・ドーキンスが超常現象や奇跡を論破するという「ムー」愛読者あるいはフォックス・モルダーの活躍を楽しみにしている者たちを敵に回すような内容の英文が掲載されている。ドーキンスは、そこにデビット・ヒュームを引用するが、この英文が分かりにくいと評判だったので、簡単な日本語訳を付けながらここで眺めてみよう。

     

    No testimony is sufficient to establish a miracle, unless the testimony be of such a kind that its falsehood would be more miraculous than the fact which it tries to establish.

     

    証言が確証しようとしているその事実よりも、証言の虚偽性の方がより一層奇跡に近いというような種類の証言でない限り、いかなる証言もある奇跡を確証する証言としては十分ではない。

     

    次に、教科書では、この引用文をドーキンスが卑近な例を用いて解説する。

     

    Let’s put Hume’s point into other words. If John tells you a miracle happened, you should believe it only if it would be even more miraculous for John to tell a lie ( or make a mistake).

     

    ヒュームの論点を言い換えてみよう。「奇跡が起きたよ」とジョンが言うとき、ジョンが嘘を言う方が一層奇跡に近いような場合にのみ、それは信じるに値するはずである。

     

    For example, you might say, “I would trust John with my life, he never tells a lie, it would be a miracle if John ever told a lie”. That’s all well and good, but Hume would say something like this:

     

    たとえば、こんな声が聞こえてきそうである。「僕は絶対にジョンを信じるよ。あいつは嘘なんてつかないよ。嘘だったら、それこそ奇跡だね」。それはそれで結構ですが、ヒュームならこう言うでしょう。

     

    “However unlikely it might be that John could tell a lie, is it really more unlikely than the miracle that John claims to have seen?”

     

    「ジョンが嘘をつくことがどれだけありえないことであったとしても、それはジョンが見たと言い張る奇跡よりも一層ありえないことなのだろうか」。

     

    Suppose John claimed to have watched a cow jump over the moon. No matter how honest John might be, the idea of his telling a lie would be less miraculous than a cow really jumping over the moon. So you should prefer the explanation that John was lying (or mistaken).

     

    「牛が月を飛び越えるのを見た」とジョンが言い張る場合を考えてみよう。ジョンがどれほど正直な人であっても、嘘をついていると考えた方が「牛が月を飛び越えること」よりありえるのではないだろうか。したがって、ジョンが嘘をついている、あるいは間違っているという説明の方を取るであろう。

     

    参考までに引用されているヒュームの文章の前後を読んでみよう。以下は、教科書には載っていない。

    The plain consequence is (and it is a general maxim worthy of our attention), ‘That no testimony is sufficient to establish a miracle, unless the testimony be of such a kind, that its falsehood would be more miraculous, than the fact, which it endeavours to establish….’ When anyone tells me, that he saw a dead man restored to life, I immediately consider with myself, whether it be more probable, that this person should either deceive or be deceived, or that the fact, which he relates, should really have happened. I weigh the one miracle against the other; and according to the superiority, which I discover, I pronounce my decision, and always reject the greater miracle. If the falsehood of his testimony would be more miraculous, than the event which he relates; then, and not till then, can he pretend to command my belief or opinion.