LINGUA MANIA ブログ

書く行為と心の静まり

2016.06.16

書く行為と心の静まり


 先日、文字美術家の遠山由美さんと雑談中に、「書く行為による自浄作用」という言葉がひょっこり現れ出てきた。遠山さんは、代官山ヒルサイドライブラリーでドゥブサル写本室を主宰、また講師として大学の教養課程などで書く行為の実践を呼びかける活動もおこなっている。

 

 

「書く行為による自浄作用」とは一体何であるのか?今回は、古代インド世界にその答えの一部を探しに行ってみよう。

 

 

以下、上村勝彦『バガヴァッド・ギーダーの世界』から一部引用あり。

 

 

最高神クリシュナはアルジュナに語る。

「すべての感覚を制御して、専心し、私に専念して座すべきである。感覚を制御した人の智慧は確立するから。」

 

 

上村勝彦によれば、「専心し」は、サンスクリット語の「ユクタ」で「結びつけられた」の意味。「ヨーガ」の語源と同じ「ユジュ」からの派生。

 

 

愛憎を離れ、自己の感覚器官および思考器官を制御すれば、その人は平安に達する、ということらしい。

 

 

書道や茶道、また空手道や剣道などの日本古来の「〜道」には型があり、その道の習得にはその型の模倣を行う。感覚および思考器官の制御を行い、心を行為そのものに結びつけ、専心する。このような行為が心の静まり、自浄作用と関係するのだろうか。

 

 

バガヴァット・ギーダーには、続いて次のような言葉がある。

「万物の夜において、自己を制する聖者は目覚める。万物が目覚める時、それは見つつある聖者の夜である。」

 

 

謎のような言葉。私たち凡人は、感覚器官によって物事を知覚し思考する。しかし全ての感覚器官を遮断することで、真の意味で目が見えるようになる。一方、感覚器官を通じて物事を知覚した場合には目が見えなくなる、それは夜であるという意味であろうか?

 

 

古代インド世界には、21世紀の私たちを惹きつける何かがいまだ眠っている。そこに古さは微塵も感じない。人類の進歩はテクノロジーの進歩に過ぎず、人間性の進歩というものはないように思える。

 

 

「人間性に進歩はない」と表現するといかにもネガティヴに見えるが、紀元前に書かれた詩や物語などを21世紀の私たちが今読んでも面白く感動できるということ事態が素晴らしいことであり、歴史を通して全体としての人間性は、ほぼ一定であることを示している。

 

 

書く行為には大きく分けて二種類ある。筆写と創造的行為である。

 

 

筆写は、自分の妄念を消し去り、感覚器官を遮断してひたすら書く行為に専念する。このことによって心の静まり、ある種の自浄作用が生まれる。

 

 

創造的行為は、自分の考えや思いを言葉という入れ物に入れて表現する行為である。このことにより、つかめぬ雲のような自分の思いに一定の道筋を与え、目に見える思考過程が紋様のように生まれる。これにより心の静まりが生まれる。

 

 

何れにせよ、書く行為と私たちの心の関係をもう少し探ってみても面白いかもしれない。

 

  

 


英語のリズム(encliticとproclitic)

2016.04.28

英語のリズム(encliticproclitic)

 

 

世界には多くの言語が存在し、その一つひとつに独自のリズムが流れている。その言語のリズムを無視し、母語のリズムで代用して話すことは、全く相手に通じないだけではなく、相手のリズムに乗れないことが聞き取りの不可能を引き起こす。

 

 

英語(ここではアメリカ英語を指す)は、ロックやジャズのリズムにあるような強弱アクセントが一定の間隔で現れる波のようなリズムで流れており、さらに音程における高低アクセントもそこに加わる。

 

 

 

一方の日本語は、57577に代表されるように一音に一文字を当てて表現する。したがって英語下手な私たち日本人は、外国語の発音の際にも律儀に全ての文字に一音を当ててきっちりと発声する方が分かりやすいのではと思ってしまう傾向がある。

 

 

ここで紹介する考えは、古典語(ラテン語やギリシャ語など)を学習する際に現れるencliticprocliticという考えを発展させたものである。簡単に言えば、ある単語は他の単語の一部であるように発音される、ということである。最も分かりやすい例から見ていこう。

 

 

「冠詞+名詞」の例

次のことを意識してみよう。

 

atheを入れても拍の頭を変えないようにする。

a, the, myなどは拍の頭ではなく名詞中心に発音する。

atheは早く弱く読む。

atheは、ターゲットの名詞の一部と意識する。

 

 

以下の練習をしてみよう。

 

 

練習手拍子と共に

パン!   パン!   パン!  パン!

one       two         three     four

dog        dog        dog       dog

a dog     a dog    a dog    a dog

 

 

練習2

パン!    パン!      パン!  パン!

dog         dog         dog       dog

the dog   the dog   the dog   the dog

 

 

練習3

パン!      パン!      パン!    パン!

apple        apple       apple     apple

an apple   an apple   an apple     an apple

 

 

このencliticprocliticの考えを発展させていくと「リズムの等時性」という概念に行き着く。

 

 

英語音声学を専門にしている小川直樹先生によると、「リズムの強弱は等しい間隔で現れる。英語のリズムで最も特徴的な性質は、強勢の等時性である。つまり、文の発音上の長さは、単語数や音節数ではなく、強勢の数で決まる」ということである。具体例に触れてみよう。以下の英文の例は、『耳慣らし英語ヒアリング2週間集中ゼミ』(アルク、小川直樹著)から引用。

 

 

1. Cats chase rats.

2. The cats will chase some rats.

3. The cats will be chasing some rats.

 

 

先ず、13拍で発声してみよう。同時にタン、タン、タンと手を打ってみよう。

 

 

2も、このリズムを崩さずに声を出してみよう。大切なのは、タン、タン、タンというリズムに声を乗せることである。そうすると、thewillsomeを弱く速く読む必要が生じてくる。拍の頭をcatschaseratsに合わせることが大切。

 

 

3も、2と同様にcatschasingratsに拍の頭を合わせる。他の語は飾りのようなものと割り切る。

 

 

もちろん単語一つひとつの発声を丁寧に習得することが先ずは大切になってくるが、同時に英語のリズムトレーニングが大切である。以下は、参考になる教材。

 

 

○『耳慣らし英語ヒアリング2週間集中ゼミ』(アルク、小川直樹著)は、本文中にも触れた教材。

 

Carolyn Grahamという人は、英語のリズムをジャズチャンツという言葉で表現し、自らもピアノを弾いたりしながら英語のリズムトレーニングを行っている。多くのトレーニング本(cd)も出している。children’s jazz chants old and new, Oxfordなど。英語で歌を歌いたい人にも良い。

 

 

○現時点で、ある程度英語が聞き取れる人には、American accent training, Barron’sがおすすめ。cdの説明も全部英語なのでどっぷり英語に浸かれる(疲れる?)

 

 

○『英語の発音パーフェクト学習辞典』アルク。辞典と銘打っているが、英語リズムのトレーニング本である。

 

  

 


serendipityについて

2016.03.28

serendipityについて

 

 

Sri Lankaのアラビア語名はSerendipというらしい。この単語に英語の名詞語尾を形成する-ityを付加するとserendipity(偶然に何かを発見すること)という英単語が形成される。

 

 

この有名な言葉を造語したのは、怪奇小説愛好家なら知らぬ者はいないホレス・ウォルポール(1717-1797)である。

 

 

ウォルポールの名を聞けば直ちに『オトラント城綺譚』が思い浮かぶであろう。この摩訶不思議な幽霊物語は今日のホラー小説の原点であると言って差し支えない。わが国では、名翻訳家平井呈一の手による日本語で、このghost storyを読むことができる。

 

 

ラフカディア・ハーンによると、昔のイギリス人(アングロサクソン人)は、神秘・超自然現象などを表すためには、このghostlyという言葉しかもたななっからしい。spiritsupernaturalという単語はラテン語系である。

 

 

「人間のspiritが」とか「人間のsoulが」という代わりに「人間のghostが」という表現を昔のイギリス人は使っていたらしい。これに似ているのが古代ギリシャのダイモーンという概念である。

 

 

マルクス・アウレリウス の自省録の中に「その人の中のダイモーンが」というような表現が頻発する。実際に読むまではラテン語で書かれているものと早合点していたが、このローマ皇帝は、ギリシャ語で綴ったのである。1ページ読むのに数時間悪戦苦闘であるが、本はゆっくり読めば良いのである。

 

 

ダイモーンという表現は、個人の中に宿る「霊的なもの・精神・理性」のような意味で使っているような印象であり悪い意味は少しも感じられない。

 

 

後にこの「ダイモーン」は、プラトンの弟子のクセノクラテスによってマイナスの意味が付加され、その後はキリスト教の文脈において、悪の代名詞「デーモン」にまで降格されてしまった。

 

 

話を元に戻そう。

 

 

なぜ、serendipityなる英単語が、「予想外のものを発見したり、出会ったりすること」という意味になったのか?字義通りなら、せいぜい「スリランカ的なもの」の意味となる。

 

 

この語の由来は、ウォルポールが子どもの頃に読んだという『セレンディップの三人の王子たち(偕成社文庫、竹内慶夫編訳)』という物語に関係している。実際、書き出しを少し覗いてみよう。

 

 

「むかし、王たちがかしこく、重要な問題を話し合いによって解決していたよき時代のこと、セレンディップにジャッフェルという偉大な王がいた。王には三人の王子がおり、・・・」

 

 

物語を要してはいけないが、要するに、王は自分の国の後継者を決めるため、王子たちに諸国を遍歴させる。その間に様々なエピソードが挿入されている物語形式で「千夜一夜物語」のようなイメージ。偶然や才気によって、予期していないものを王子たちは発見していく。

 

 

「セレンディップ」第一のエピソードは、アメリカのテレビドラマ「メンタリスト」のジェーンを彷彿とさせる観察力で面白みがある。その他のエピソードは大したものではない。

 

 

この王子たちの旅を通しての「予期しない発見」をウォルポールは面白がり、自分自身の思いがけない発見を友達に説明するために、この物語の物語性を封じ込める目的 (このお話に出てくるあの感じだよ!という意味) serendipという語を拝借し、serendipityなる言葉を作ってしまった。その英単語が21世紀にも生き残っているとは、ウォルポールも想像していなかったであろう。

 

 

serendipityの使い方については、アルキメデスの浮力の原理発見のエピソードやキューリー夫人の「偶然の発見」などを調べてみるのも面白い。

 

  

 


言葉と意識のピント合わせ

2016.01.26

言葉と意識のピント合わせ

散々苦労して説明した挙句に、「一つ質問があるんですが、〜とは何でしょうか?」と今、説明したばかりのことを聞かれて唖然とした経験は、ある程度の人数の人を対象に教える仕事をしている人なら誰でもある。これは、ただ単に「あの生徒はきっとぼーっとしていたから」というぼーっとした理由では面白くない。

 

また逆に、先生側においては、自分は知ってると思っていることを生徒に質問されその問題を再認識し新しい発見をさせてくれた生徒に感謝することもあるであろう。ただし、普通は自分が分からない問題を質問されると先生は何故かすぐに怒ってしまう傾向があるものだが。

 

「人は見たいと思うものだけを見、聞きたいと思うものだけを聞く。」

 

目は開いていれば物が見えるし、耳は開いれば音が聞こえてくる。しかしながら、「ただ見えている、聞こえている」は、そのまま理解したことにはならない。意識のピントを合わせる必要があり、これが無ければ、本人不在で物事が右から左に流れていくだけである。

 

日本語で書かれている文章なら、そこに書き手の意図なり意味なりを即座に感じ取れるかもしれないが、同じ内容のものがアラビヤ文字またはデーヴァナーガリー文字(インド系)または、楔形文字(古代メソポタミア系)で書かれていたら、どうであろうか?

 

学習経験が無ければ、これらの文字は何かの模様にしか見えてこないであろう。まとまった意味ある文章が単なる模様と全く同じように認識されることになる。文字というものは氷山の一角であり、見えているものの下に意味が隠れている。

 

馴染みのない外国語の例は極端に響くかもしれないが、日本語で書かれたものから意味を感じ取ることも意識のピント合わせが必要で、これが無ければ、日本語で書かれた文字(漢字・ひらがな・カタカナ)もただの線の塊に過ぎない。

 

目で見る文字だけではなく、空間を飛び交う音としての言葉も、ピント合わせが無ければ、ただの雑音に過ぎない。

 

「人は見たいと思うものだけを見、聞きたいと思うものだけを聞く。」

 

書かれた言葉に意味を感じ取れるか、又はただの線の塊に認識されてしまうか、発せられた言葉に意味を感じ取れるか、又はただの雑音として処理されてしまうかは、私たち一人ひとりの意識のピント合わせ次第である。

 

道端に咲く小さな花にインスピレーションを感じ取る人もいれば、朝に鳴く小鳥の囀りに閃きを感じ取る人もいる。古い池の蛙にも意識は届く。

 

言葉から意味を感じ取れること自体、実はかなり特殊なことで、例えば知らない外国語のリスニングはどんなに頑張っても不可能である。知っているつもりの日本語も、意識のピント合わせが無ければ、つまり意識不在であれば、意味を感じ取ることができないと言える。

 

眠りたいのに眠れない時には、不得意な外国語の音声CDを聞くと良い。脳はたちまちシャットダウンし、すぐに眠れること間違いない。

 


ラテン語の語形成 No.1

2015.12.28

ラテン語の語形成 No.1

形容詞から名詞へ(-tas, -itas)

liber(自由な)                libertas

pauper(貧しい)           paupertas

probus(正直な)           probitas

benignus(親切な)        benignitas

tranquillus(穏やかな) tranquillitas

callidus(狡猾な)          calliditas

gravis(重い)                  gravitas

liveralis(寛大な)          liberalitas

felix(幸福な)                felicitas

celer(すばやい)           celeritas

immortalis(不死の)    immortalitas

suavis(甘い)                 suavitas

crudelis(残酷な)         crudelitas

aequalis(同等の)         aequalitas


2 / 1112345...10...最後 »