Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    ラテン語の語形成 No.3

    2020.05.29

    ラテン語の語形成 No.3

     

     

     

    今回は、副詞ついて眺めていきましょう。

     

     

    ◯トレーニング方法

    システムを理解した後に、日本語訳を見て直ちにラテン語の形容詞と副詞を書けるようにすると良いと思います。

     

     

     

     

    ▽副詞の作り方

     

     

    A) 第一類形容詞は、単数・属格の-iを-ēに変える。

     

     

    副詞< 
    単数・属格< 形容詞

    altē    
    < altis   < altus

    高く     高い

    以下、単数・属格を省略します。

     

     

    1 acerbē         < acerbus

    2 Graecē        < Garecus

    3 minimē        < minimus

    4 peritē           < peritus

    5 placidē        < placidus

    6 pūblicē        <pūblicus

     

    7 pulchrē        < pulcher

    8 miserē         < miser

    9 līberē           < līber

    10 optimē      < optimus

    11 pessimē    < pessimus

    12 audācissimē < audācissimus

     

     

    以下、日本語は形容詞の訳語

    1 厳しい

    2 ギリシャの / (副)ギリシャ語で

    3 最も小さい

    4 巧みな

    5 穏やかな

    6 公的な

    7 美しい

    8 哀れな

    9 自由な

    10 最も良い

    11 最も悪い

    12 最も大胆な

     

     

     

     

     

     

    Aの例外1)

    1 rārō / (rarē)      < rārus

    2 citō                   < citus

     

     

    1 まれな

    2 速い

     

     

     

     

     

     

    Aの例外2) 2つに語尾を持ち、意味を分化させる。

    1 certē              < certus

    2 certō             < certus

    3 vērē               < vērus

    4 vērō               < vērus

     

     

    以下、副詞 < 形容詞の訳語

    1 きっと、少なくとも<確実な

    2 正確に、確かに

    3 真実ありのままに< 真実の

    4 本当に、全く

     

     

     

     

     

     

    B) 第二類形容詞は、単数・属格の-isを-iterに変える。

     

     

    fortiter < fortis < fortis

    副詞 
    < 単数・属格 < 形容詞

    強く       強い

     

     

     

     

    1 ācriter            < ācer

    2 breviter         < brevis

    3 celeriter        < celer

    4 fortiter          < fortis

    5 graviter        < gravis

    6 fērōciter       < fērōx

    7 alacriter       < alacer

    8 atrōciter      < atrox

    9 audācter     < audax 例外

     

     

    以下、日本語は形容詞の訳語

    1 鋭い

    2 勇敢な

    3 すばやい

    4 強い

    5 重い

    6 凶暴な

    7 活発な

    8 恐ろしい

    9 大胆な

     

     

    Bの例外) 語尾が-ans/ -ensの形容詞は、単数・属格の語尾-tisを-ter に変える

    1 prūdenter         < prūdens

    2 dīligenter         < dīligens

    3
    indulgenter     < indulgens

    4 constanter      < constans

     

     

    1 賢明な

    2 注意深い

    3 寛大な

    4 不変の

     

     

     

     

     

     

    C) 名詞や代名詞の奪格から作る

    1 jūre            < jūs

    2 forte         < fors

    3 vulgo       < vulgus

     

     

    日本語は、副詞 < 形容詞の順

    1 正当に < 
    法律

    2 偶然に < 偶然

    3 一般に   
    < 民衆

     

     

     

     

     

     

    D) 形容詞の中性・単数・対格

    1 multum         < multus

    2 vērum           < vērus

    3 prīmum        < prīmus

    4 facile             < facilis

    5 difficile         < difficilis

    6 dulce            < dulcis

     

     

    1 多くの

    2 真実の

    3 はじめの

    4 簡単な

    5 難しい

    6 甘い

     

     

     

     

     

     

    E) 接尾辞 -tusや-tim で終わる語

    1 antīquitus

    2 statim

    3 furtim

    4 passim

     

     

    1 古代から

    2 直ちに

    3 こっそりと

    4 いたるところに

     

     

     

     

     

     

    F) どんな型にも入らない副詞

    1 mox

    2 diū

    3 vix

    4 nūper

    5 saepe

     

     

    1 間もなく

    2 長い間

    3 ほとんど〜ない

    4 最近

    5 しばしば