Category

  • BLOG (103)

  • Archive

  • 2024年3月 (3)
  • 2024年2月 (4)
  • 2024年1月 (1)
  • 2023年11月 (3)
  • 2023年10月 (2)
  • 2023年9月 (2)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年7月 (1)
  • 2023年6月 (3)
  • 2023年5月 (1)
  • 2023年4月 (3)
  • 2023年3月 (2)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (3)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (2)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (3)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (3)
  • 2022年1月 (3)
  • 2021年12月 (4)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年9月 (7)
  • 2021年8月 (5)
  • 2021年7月 (8)
  • 2021年6月 (4)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (5)
  • 2021年2月 (1)
  • 2021年1月 (3)
  • 2020年12月 (3)
  • 2020年11月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (3)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年6月 (6)
  • 2020年5月 (16)
  • 2020年4月 (20)
  • 2020年3月 (6)
  • 2020年2月 (4)
  • 2020年1月 (3)
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (4)
  • 2019年8月 (2)
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (2)
  • 2019年4月 (2)
  • 2019年3月 (4)
  • 2019年2月 (2)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (4)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (5)
  • 2018年2月 (1)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (3)
  • 2017年7月 (2)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (3)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (3)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年9月 (6)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (3)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (3)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (5)
  • 2014年5月 (2)
  • 2014年4月 (2)
  • 2014年3月 (6)
  • 2014年2月 (2)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (2)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年9月 (4)
  • 2013年8月 (5)
  • 2013年7月 (4)
  • LINGUA MANIA ブログ

    <英単語の作り方> 7(colaholicとは?)

    2013.12.10

    少し変わっている接尾辞がある。造語力は旺盛だが、その素性があやしい。正当派ではないのである。ここでは2つの変わり種(-aholicと-burger)を眺めてみよう。

     -aholic / -oholic :~中毒

     そもそもこの接尾辞は、alcohol(アルコール)の形容詞alcoholic(アルコールの;アルコール中毒の)に由来している。つまい、-aholicの部分には「中毒」の意味は元々なく、「アルコールの」という単語の右半分が独り歩きし、次第に自らの地位を固め、仲間を集め、自らを目にするものに暗示をかけ、「中毒」症状に陥れていったのである。

     その中毒者の第一号はworkaholic(仕事中毒)である。これは、アメリカの作家Wayne Oatesの造語であるらしい。つまり、この人物が、「–aholic=~中毒」いう錯覚に無垢な一般市民を陥れた張本人なのである。このセンスは称賛に値し、今後も「中毒者」は増加の一途を辿ることになるであろう。

    1 chocoholic チョコレートが大好きな人

    2 shopaholic 買い物中毒者

    3 bookaholic 読書狂

    4 colaholic コカコーラ中毒者

    5 golfaholic ゴルフ狂

    6 cardaholic クレジットカード依存症

    7 foodaholic 大食漢

    次に-burger(ハンバーガー)を見てみよう。

    -burger:~バーガー

    この接尾辞?は、-aholic同様、由緒正しいものではなく、類推から生まれた非正統派である。もともと「ハンバーガー」はHamburg(ハンブルグ)というドイツの地名に由来する。Hamburgerという単語の最後の-erは、ドイツ語の2格、英語でいう所有格で、「ハンブルグの;ハンブルグ風の」という意味であろう。Hamburger steak(ハンブルグ風ステーキ)の前半のHamburgerが独り歩きを始め、その意味を独り占めした結果、「ハンバーガー」という単語が出来上がる。

    さらに、このhamburgerの後半の-burgerを生かし、前半をfish-にしたり、chicken-にしたりし、fishburgerやchickenburgerが生まれる。つまり、もともと-burgerの部分には、何ら「はさんで食べるパン」のような意味合いはないのである。この-burgerは、fishやchickenなどの中身を入れ替えたり、cheeseburgerのように中身のプラス要素を強調したり、中身ではなく外側の違いを表したrice-burgerなども作られるようになった極めて繁殖力旺盛な接尾辞である。

    1 hamburger ハンバーガー(パンにハンバーグをはさんだ食べ物)

    2 cheeseburger チーズバーガー(ハンバーグは入っているのが当たり前の前提でチーズも入っていることを強調)

    3 chickenburger チキンバーガー(ハンバーグではなくチキンが入っている)

    4 riceburger ライスバーガー(パンではなく、固めたご飯で食材をはさんでいる)

    5 vegeburger 野菜バーガー(食材に野菜が入っている)