LINGUA MANIA ブログ

『中動態の世界』が売れてる?!

2018.01.15

『中動態の世界』が売れてる?!

 

 

先日、以下のようなやりとりがあった。

 

知人:「ちょっと面白そうな本があるのですが、図書館に行ったら40人待ちなんですよ。」

 

私:「へ〜!なんて云う本ですか?」

 

知人:「『中動態の世界』っていうタイトルです。」

 

私:「あー、それなら持っていますよ。あれはいいですね。お貸ししますよ。」

 

知人:「ほんとですか?やった!お願いしま〜す。」

 

2017 医学書院刊、

國分功一郎著、『中動態の世界   意志と責任の考古学』

 

 

至極真っ当な日常生活を営む市民が「中動態」という言葉に出会う確率は、ほぼゼロに等しいであろう。

 

 

にもかかわらず、この本が図書館で40人待ちというのは天変地異の前触れか、そうでないなら何らかの奇異なる現象に起因する一過性の帰結か、または影響力のある人物が書評などで高評価を与えていたのであろう。

 

 

『中動態の世界』は、とても読みやすい本なので、是非購入してじっくり読まれることをお勧めします。ここでは、馴染みの薄い「中動態」という言葉に焦点を絞って眺めていこう。

 

 

 

 

さて「中動態」とは一体何なのか?

私たちが英語を学ぶとき、「能動態」「受動態」という言葉に直面する。英語の先生が、英文法で「中動態」を教えることは基本的にないが「中動態」とは、「能動態」と「受動態」の中間のものと考えておけば良い。日本語で表記される場合には、「中間態」と表記されることが多いが、どちらも同じものを指す。

 

 

以前、クリストファ・バーナードが『日本人の知らない英文法』の中で英語の中間態を紹介していたことがある。中間態の定義は、難しい。数ある定義の一つとして以下を考えてみよう。クリストファによる中間態の定義は、「ある他動詞を自動詞として用いて、他動詞として用いたときの目的語を、主語にすることができる。この条件を満たす場合、その動詞は中間態と呼ばれます。」としている。以下、具体例。

 

 

I closed the door. [能動態]

The door was closed by me. [受動態]

The door closed. [中間態]

 

 

日本語では、「閉める」「閉められる」「閉まる」の分類である。

 

 

 

 

中間態的な表現は、英語でも日本語でも様々ある。

私が面白いと思うのは「知覚」に関する表現である。今回は、その中でも「視覚」について中間態的な表現を眺めてみよう。

取り上げる動詞は、lookとappearとshow。それぞれ例文は、2つ用意されている。

 

◎ look

You look ・・・

 

You look ・までの表現では、「あなたが見る」のか「あなたが〜見える」のか分からない。つまり主体なのか客体なのかは次の一言に依存する。

 

 

You look at that big cat. (あなたは、自分の目を使って見る) :能動態

You look tired. (あなたは、人の目によって見られて、人によって状態を判断されている):中間態

  

 

appear

He appears wise. (人に見られ、判断される):中間態

He appeared a few minutes before the end of the party. (彼が「現れた」のは、人に見られ確認されたからだが、「現れた」は「登場した」であり主体的行為にも思える):中間態

 

 

show

You need to show your student ID here. (自分が、目的語であるものを見せる):能動態

He didnt show up until the party was nearly over. (自分自身の姿を見せて、現れる、登場する):中間態

 

 

 

 

同じテーマのもの 2013. 10.26の記事

 

 

  

 

 

 

 

以下、自分が今までに見てきた言語の中で「中間態」が態として存在して文法書の中で扱われる言語。これらの古典語においては、動詞の態はその語尾に現れる。しばしば中間態と受動態の区別は峻別できない場合がある。

 

 

 

 

古典ギリシャ語

ラテン語(かつて中間態が存在していた痕跡は形式所相動詞(デポーネント)に表れている)

サンスクリット後

ヒッタイト語

 

 

 

  

 


「リズム」という英単語について

2017.06.22

「リズム」という英単語について

 

「リズム」という英単語を実際に紙に書いてみよう。書こうとするとアレッとなり、いくらもがいても一向に光は見えず暗中模索。正確に綴ることができたとしたら、その人は相当に英単語のスペルに敏感な人であり、日頃からの鍛錬の結実と言っても過言ではなく、学校の英語の先生も英語ネイティヴも普通は書けない場合が多い。

 

この「リズム」という言葉は元々がギリシャ語のρυθμοςである。このギリシャ文字をローマ文字に変換するとrhythmosとなり、さらに語尾を切断するとrhythmいう英単語ができあがる。

  

語尾切断については、以前にもautumnというスペルについて考察した。 ラテン語 autumnus()ら語尾-usを切断すると、悪名高い奇異なスペルautumnができあがる。

 

 さて、ギリシャ語のρに由来する単語、つまりrh-で始まる他の英単語を少しだけ見てみよう。rh-に意識を向ければ記憶も困難ではない。

rhythm リズム

rhapsody 叙事詩、狂想曲

rheumatism リューマチ

rhinoceros サイ

rhetoric 修辞学

 

 

  

 


Nostalgiaの語源

2017.02.27

Nostalgiaの語源

 

ミラン・クンデラの小説を読んでいたら次のような文に出会った。

The Greek word for “return” is nostos. Algos means “suffering”. So, nostalgia is the suffering caused by an unappeased yearning to return.

 

たまたま現在、古典ギリシャ語の授業で読んでいる教材のタイトルがnostos(帰還)であった。これは物語形式の教材(ATHENAZE book2)で、そこに1匹の犬が登場する。その名前が「アルゴス」という音だったような気がして、本文を確認するとArgeであった。ギリシャ文字のラムダとロー(英語のLR)では大違いだ。nostalgiaにはalgosでなければならない。[nost- -algia

 

ギリシャ語のalgosは、「苦痛、悲しみ」を意味する。一方、argosは、「怠惰な、何もしない」を意味する。このargosの語形成は、[a ergos]である。a-は、否定を表す接頭辞である。-ergosは、ergon(仕事、働くこと)という単語に由来する。

 

ということで、この物語nostosに現れる犬Argeは、「怠惰な」を匂わせる名称であって、algos(苦痛)とは何の関係もない。


このalgos(苦痛)をnostos(帰還)と関係させ、nostalgiaという英単語(医学用語)を作った(1688年)のは、スイスのJ.Hoferという人らしい。

 

  

 


英語の接頭辞anteとantiについて No.1  

2016.11.28

英語の接頭辞anteantiについて No.1

 

 

おそらく根本の語源は同じものから派生はしているが、ラテン語とギリシャ語での使用を通して意味の相違が生まれたペアにante(前に)anti(敵対して)がある。

 
ラテン語接頭辞ante(前に)

ギリシャ語接頭辞anti(敵対して)

 

 

それぞれの接頭辞の反対概念は以下のようになる。

ante(前に) post(後に)

anti(反対して) pro(賛成して)

 

対立が感じ取れる卑近な例を見てみよう。

) ante meridiem(AM、午前)post meridiem(PM、午後)

) anti-abortion(中絶反対)pro-abortion(中絶容認)

 

   anteantiを考える。

自分のante(前に)人が立てばanti(敵対)心が生まれるであろうから、この2つを同じものとして説明しても問題はないだろうが、今回は敢えてラテン語とギリシャ語に立ち返りその意味の違いを見ていこう。なぜならば、英単語のante-/anti-はラテン語かギリシャ語のどちらか一方にその源があるからである。

 

それでは先ず、anteantiの説明において予想されるよくある混乱を具体例に即して検証しながら眺めてみよう。

  

  anteantiにおける予想される混乱

 

具体例1)

anticipate(予期する)

英語のanticipateの語源分析で予想される混乱を考えてみよう。

 

 

anticipate(予期する)という単語には「前もって」の意味合いが感じられるにも関わらず、綴りはanti(敵対して)になっている。これはどうしたことか?

  

英語のanticipateは、ラテン語の段階ではanticipo(先取りする)であった。これが厄介である。この単語の形成は、「ante(前もって)capio(取る)」である。このように「接頭辞+動詞」で複合動詞を作る場合には、しばしば音韻変化が生じる。この場合にはラテン語の段階でそれが起こっている。

接頭辞+動詞=複合動詞

ante(前もって)capio(とらえる)=anticipo*ラテン語

 

以上のように、anticipoという単語のantiのスペルは、元はante(前もって)であり、「敵対」の意味のantiではないことが分かる。したがって、英語のanticipateにも同じことが言える。

 

具体例2)

antecho(敵対する)*ギリシャ語

antechoというギリシャ語を考察してみよう。この単語にはante(前もって)という接頭辞が入っているように見えるが、なぜか?

 

ギリシャ語にも複合動詞形成の際に音韻変化が起こる。この単語は、接頭辞anti(敵対して)echo(持つ)で形成されている。複合動詞形成の際に前方のiが落ち、結果としてantiのスペルに見えてしまう。

 

接頭辞+動詞=複合動詞

anti(反対して) echo(持つ)antecho*ギリシャ語

 

具体例3)

antique(古風な)

antiqueという英単語は、意味合いに「時間的な前」が感じ取れるが、スペルはanti(敵対して)に見えるが、理由は?

 

この場合もラテン語の段階でantiquus(古い)という単語があり、このantiは元はanteからの派生という経緯がある。

 

具体例4)

antagonist(敵対者)

このantagonistという英単語内には、anteantiも発見できない。とりあえずantという部分が確認できるだけであるが、どうなっているのだろうか?

 

このantagonistの語源に当たるのはギリシャ語のantagonizomai(闘争する)で、分析は以下のようになる。

  

antagonizomai*ギリシャ語=

anti(反対して)agon(闘争)izo(動詞語尾)mai(人称語尾)

 

前半部分のantiagon(母音始まりの語根)を接続する際にantiiが落ちantagonとなった。英語のantagonistは、このantagonという部分を語根に見立てて使用して、人を表すistを繋げている。

 

antagonistantagon(対して闘争する)ist()

 

antagonに英語の動詞語尾にizeを繋げるとantagonize(人を敵に回す)ができる。またantagonからantを外しagonを抽出して名詞語尾のyを付けるとagony(苦悶)ができる。

 

元はantiであるこのantタイプに分類されるものにantarctic(南極の)という単語がある。これを一つ覚えておくと理解が深まる。反対語はもちろんarctic(北極の)であり、こちらが基準である。

 

具体例5)ancestor(祖先)

ここでは、anteantiantも発見することはできない。ただanだけが見つかる。このanは、anteantiに関係があるのだろうか?

 

この単語の語源に当たるラテン語はantecessor(前任者)であり、分析は以下のようになる。

 

antecessor*ラテン語=

ante(前に)cess(行く)or()

 

前方のteが消滅してしまった形が英単語のancestorとなる。したがって、この単語のanante(前に)であることが分かる。

 

以上のようにスペルは見た目だけでは分かりにくいということが言える。

次回、anteantiそれぞれを使った英単語を整理していこう。

 

 

 

 

  

 


知っている英単語から語彙力を増強させるには?

2016.08.31

たとえばsunという英単語は誰でも知っているが、その形容詞は何かと問われるとそんなの知らないとなり、sunnyだと言えば、なんだそれなら知ってるよ、となることが頻繁にある。

 

 

記憶のメカニズムは複雑だが、なにもsunsunnyを別々に頭の中に保存しておく必要はない。

cloudcloudyrainrainyなら、その形態から名詞の語尾に-yを付けると形容詞ができそうなことが想像できる。ところが、sunsunnyでは、nが連続しているためこれに気付けない人が多い。名詞の語尾に-yを付加すると形容詞ができるかもと覚えておこう。

 

 

famousは、誰でも知っているがfameは知らない人が多い。dangerous なら知っているがdangerは分かりませんと言っているのに等しい。

名詞の語尾に-ousを付けると形容詞ができるかもしれないと記憶しておこう。さらにfame(名声)からdefamation(名誉毀損)も覚えることができる(最終項目参照)

 

 

serveservantの関係がstudystudentの関係に似ていることは気付いているだろうか?別々に記憶してはいないだろうか?

-ant-entの語尾は、ラテン語の現在分詞を起源にしており、現在分詞は形容詞であり、形容詞は名詞になる場合がある、という一連の文法規則を導くことができる。studentの根本的な意味は「熱心に努力する者」である。

 

 

推理力?

次の英単語の中には、簡単な英単語が潜んでいる。それを探してみよう。

1 deforestation

2 deodorant

3 defamation

4 decaffeinated

5 depersonalize

 

それぞれ、forest(森林)、odor(臭い)fame(名声)caffein(カフェイン)、person(人)という単語が入っている。問題の英単語の意味は、それぞれ「森林伐採」、「消臭」、「名誉棄損」、「カフェイン抜きの」、「個性を奪い去る」。

 

deforestation(森林伐採)という単語が難しいと思っている人が多い。この長い単語の中にforestが入っていることを認識できれば、記憶につながる。
deforestationdeodorantdefamation
decaffeinateddepersonalizeこれらすべてに共通している語頭のde-は、「除去」の意味を担っていることが、それぞれの単語の「意味」から推測できる。それが理解できれば、さらにdefrost(解凍する)decontamination(除染)なども、すんなり記憶できる。

 

 

英単語は、我武者らに覚えるのではなく、ゆっくりしっかり記憶した方が確実に定着する。

 

  

 


1 / 1112345...10...最後 »